御影歯科クリニックHOME | 一般診療 | むし歯について

むし歯について

むし歯のはじまり
むし歯のはじまり
虫歯は自然に治ることのない、進行性の疾患です。そして進めば進むほど、治療の回数や費用もかかり、将来的な残存率も短くなっていきます。
むし歯のはじまりは、右絵のような濁りが見えたら危険信号。痛くなくても歯医者に行けば、この段階なら痛みもなく治療することが可能です。

治療法フッ素塗布やフッ素歯磨きで戻せる可能性があります。


初期むし歯
初期むし歯
エナメル質という、歯の外側の部分がむし歯の菌によって溶け始めた状態。この状態では目視はできますが、痛みや目立った症状はなく、自分での発見は困難です。この段階で見つけるには、予防で歯医者に通うか歯冠検診でなければ困難かもしれません。

治療法むし歯の部分を削り、CR(コンポレットレジン)という白い樹脂で埋めたり、場合によってはインレー(詰め物)を入れます。


C2むし歯
C2むし歯
むし歯菌により、エナメル質を付きぬけ、象牙質という歯の内側の少し柔らかい組織まで達してしまいます。この段階で、少し痛みがでたり、冷たいものや熱いものがしみてくるので、見てみると黒い穴があいたような状態がわかり、むし歯だと認識できます。

治療法むし歯の部分を大きく削り、削った部分を整えたあとにインレーという詰め物を被せます。※場合によってはクラウンになることもあります。




C3むし歯
C3むし歯
むし歯がいわゆる神経にまで達した状態です。かなりの痛みも伴っていますので、場合によっては治療の際の麻酔が効きづらくなることもあります。こうなると歯髄を残す事はできないため、クラウン(被せ物)の治療になってしまいます。

治療法むし歯の部分を大きく削り、歯髄を抜き、残った部分を整えたあとにクラウンという被せ物を被せます。



C4むし歯
C4むし歯
むし歯が進行し、歯がほとんど残っていない状態。こうなると歯の保存はほぼ難しくなり、抜糸となります。

治療法残った歯根を抜歯し、インプラント・入れ歯・ブリッジ等の欠損補綴を行います。




病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ スタッフ募集 フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ