御影歯科クリニックHOME | 歯列矯正 | 歯並び矯正が必要な方

歯並び矯正が必要な方

歯列矯正が必要な方

歯列矯正が必要な方

「歯並び」と一口に言っても、種類は様々です。とはいえ、必ずパターンのようなものがあます。
大きく分類すると、アングルⅠ級(歯列弓が正常な咬み合わせ)、アングルⅡ級1類(上顎前歯が前に突出している咬み合わせ)・2類(上顎前歯が後退しているもの)、アングルⅢ級(いわゆる受け口)の3つに分類されます。

それぞれ並び方は違いますが、細かくわけると主に下記のケースに分類されます。


叢生

叢生

歯並びがガタガタの状態です。八重歯も叢生の一種で、主に顎の大きさが小さい事が原因で起こるといわれています。


上顎前突

上顎前突

いわゆる出っ歯と言われる状態です。上の歯が大きく前に突き出した状態で、唇がしまりにくい人も多くおられます。


下顎前突

下顎前突

大分類で分けたところの3級と呼ばれる状態で、いわゆる受け口です。下の歯が上の歯より前に出ており顎が突き出したように見える場合が多いです。このケースは場合によっては外科矯正が必要なこともあります。


上下顎前突

上下顎前突

上の顎の前歯も下の顎の前歯も前に突出してしまっている状態です。口全体が前に突出しているように見えます。


過蓋咬合

過蓋咬合

上の歯が下の歯に大きく被さった状態で、ディープバイトともいわれます。咬み合わせが深く、歯と歯が咬み合うところにダメージが出やすい咬み合わせです。


開咬

過蓋咬合

ポカン口とも言われ、前歯と前歯がかみ合わず、ポカンと口を開けたような状態です。奥歯ばかりで咬んでしまうので奥歯にダメージが蓄積し、口呼吸になりがちなので、脳の成長にも影響するといわれています。


交差咬合

交差咬合

上下の前歯、奥歯の何本かが交叉している咬み合わせです。咬み合わせがよくないために、咀嚼が正しくできないことがあります。




病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ スタッフ募集 フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ