御影歯科クリニックHOME | 医院案内, 東灘区と御影歯科 | 東灘区と御影歯科【私が東灘区を選んだ理由】

東灘区と御影歯科【私が東灘区を選んだ理由】

勤務医時代の秋山

私(御影歯科院長 秋山博道)は、徳島生まれの徳島育ちです。もちろん大学も国立徳島大学。ここ、神戸市東灘区とは何の縁も所縁もありません。よく患者さんから「なんで先生はこの東灘区に開業されたんですか?」という質問を頂きます。
話せば長くなるのですが、実は私が開業を決めたとき、開業する場所を「どこにしたい」という希望は全く持っていませんでした。地元に帰りたいとか、好きな街だとか、住みたい場所とかでもありません。むしろ私は住まいはどこに構えても、「住めば都」だと思ってしまう質なのです。
そんな私が、一つだけ開業の時に大切に考えたのが、「今までやってきた質の高い治療をこれからも続けたい」ということでした。
勤務医時代に私が努めていた医院は、特別都会でもなければ駅から近いわけでもない、閑静な住宅街にある大型の歯科医院でした。しかしその医院には、その町の周辺の患者さんだけでなく、遠方から、時には他府県からも来院する人があるくらい、患者さんが質の高い治療を求めて来られる歯科医院でした。
一般の保険治療だけを行うのではなく、患者さんの求めに応じて、難しいとされるインプラントや歯列矯正、審美治療などの高度な医療技術を提供していました。もちろん私も、副院長としてそういった患者さんの治療を率先して行ってきました。
治療の難易度が高ければ高いほど、治療が終わった後に患者さんから頂ける「ありがとう」の気持ちが強く感じられることに、喜びを感じることもありました。
しかし、いざ開業を考えたとき、一つだけ心配だったのは、「患者さん側の要求が変わること」でした。勤務医時代の歯科医院では、「この治療がしたい」という強い要望を持った患者様が来られていました。しかし、いざ私一人で開業するとなると、ぼっと出来た新しい歯科医院に、難しい治療や希望する治療をお願いしようと思う人はまず居ません。ですから開業前はどこでやるにしても「最初は簡単な治療から、コツコツやっていこう」という覚悟は必要と考えてはいたものの、やはりどこかでせっかく学んだ技術や知識を活かした前の歯科医院のような治療はしばらくは出来ないかもしれないということに、若干の心苦しさを感じていたのです。

そして、いざ開業地を探すとき、私がこだわったのは以下の3つでした。

1.駅に近いこと

セミナー参加

これは、通勤がどうのとか、利便性が良いとかという問題ではなく、セミナーや学会に行きやすいということです。私は歯科医師である以上、引退するまで勉強するのが私の責務であると考えています。勤務が終わった後やセミナーから帰ってきてそのまま勤務できるようにするには、どうしても駅前であることが私にとって重要だったのです。

2.ビジネス街でないこと

ビジネス街で開業すると、ある程度患者さんは来てくれると聞いたことがあります。しかし、その反面「今日中に治して欲しい」「取れた歯を付けるだけでいい」「痛みが取れればそれでいい」という患者さんが多くなるというのも聞いていました。もちろんそれが嫌だというわけではありませんが、私としてはせめてしっかり「相談できる」時間だけは取りたい。「相談してくれる」患者さんが来てくれる場所が良いと考えたからです。

3.人の温もりが感じられるところ

これはあくまで主観でしか感じられませんが、フィーリングの問題です。「この街の雰囲気が好き」「この街の皆さんのお役に立ちたい」そんな自分なりの町への愛着がなければ、きっとモチベーションは上がらないと考えたからです。そこで自分が好きになれる町の条件として考えたのが「温もりが感じられる」という何ともわかりにくい条件となってしまったのです。具体的にいうと「商店街がある」とか、「下町情緒がある」とか、そんな安易な内容でした。

東灘区と御影駅

たくさんの業者さんに、たくさんの開業予定地を紹介頂き、最終的にはどこでやっても同じかな?と考えていた頃でした。
ある時、「神戸市の東灘区になるんですが、阪神御影駅前の古いビルに空きが出てますけど見に行きますか?」という連絡を頂き、何気なく特に期待も持たず、ふら〜っと立ち寄ったこの町に「ここかも!」という直感を感じました。昔ながらの御影市場や下町情緒溢れる町並み、駅を挟んで山側には御影クラッセというデパートもあり、下町情緒の中にも品を感じられる町でした。それと田舎暮らしの長かった私にとって東灘区は、三宮や大阪のように都会過ぎないというのも嬉しい要因の一つです。私はそれから幾度となくこの東灘区に足を運び、真剣にここでの開業をイメージしていきました。

元々親が歯医者であったわけではありませんし、どこで開業しても私には地の利はありません。私にとっては開業する町の人と、どれだけ親密なお話ができるようになるかが、私が信頼を得られるたったひとつの手段でした。そこで私は「近く歯医者を開業をしようと思うんですが、ここはどんな所ですか?」など、町の人達にコミュニケーションを取っていきました。すると驚いたのが、自分たちの住んでいる町の説明はそこそこに、「どんな歯医者をされるんですか?」とか「どこで開業されるんですか?」「ちょうど歯医者を探しているんです」など、私が歯科医院を開業することに対する質問が返ってきたのです。
私はその瞬間、この町の皆さんならば、きっと私を頼りにしてくれる、歯医者に関心を持ってくれるのではないかと感じました。この町のデンタルIQを高くして、東灘区で歯で悩む人を減らしたいと、純粋に思い始めた瞬間でした。デンタルIQを高めることが出来れば、患者さんの求めに応じて高いレベルの治療を提供する、前の医院での技術や知識を活かせることができるのではないかと、私はそこから開業のことを考えるとワクワクが止まらなくなったのを今でも憶えています。
そこから私は急ピッチで開業の話を進めていきました。開業用に貯めていた資金を大幅に超えましたが、どんな悩みにも対応するには必要だと思い、CTも入れました。そして私は、近い将来東灘区の皆さんが気軽に相談できて、質の高い治療を提供すると、心に決めました。



病院まちねっと
神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニックにメールで相談
神戸市東灘区「御影駅」周辺マップ

医院案内

神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニック

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)


フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ