HOME > 治療症例集 > フルマウスの症例

フルマウスの治療症例

【フルマウス(全顎的な)治療】

before

before
before
before

after

before
before
before

勤務医時代からの患者様でフルマウス(全顎的な)治療を受けられた患者様です。不良補綴(被せものが合っていない)により、二次カリエスが進み、更に臼歯の欠損に伴い、咬み合わせが崩れ始めていました。
臼歯が抜けると、咬み合わせは音を立てるように崩れ始め、いずれは全体的に歯が抜けやすくなってしまいます。
この方の場合も、義歯をしておられましたが徐々に骨が吸収され始め、義歯が合わなくなり、どんどん悪くなってしまう手前の状態でした。
治療はインプラントでまず臼歯を咬ませてあげることにより、きちんとした咬合を取り戻し、その後補綴(被せもの等)により丁寧に咬み合せを整えながら、審美的な修復も行っていきました。
きちんと治す事により、清掃性も高まり、お口の中の菌が減る事で、治療予後の歯の残存率が極めて高くなります。
万が一、お口の中の状態がご自信で「このままではまずい」と感じ始めておられる方がいらっしゃったら、まずは勇気を出してご相談下さい。
フルマウス治療は、お口の中の環境もさることながら、自信を取り戻すきっかけになることも多々あります。一度しっかり治療して、これからはきちんと予防していきましょう。


病院まちねっと
神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニックにメールで相談
神戸市東灘区「御影駅」周辺マップ

医院案内

神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニック

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)


フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ