HOME > 治療症例集 > 歯周病の症例

55歳女性、歯のクリーニングによる着色除去と白い詰め物

55歳女性 Y.K様【着色治療】

歯を美しくしたいという主訴で来院されました。お茶を頻繁に飲む習慣があるとの事で着色が目立っていましたが、当院でクリーニングを行う事で美しい歯が蘇りました。施術前の写真を見ると、一見汚れがひどくある程度の治療が必要かと思われる方も多いようですが、ほとんどのが着色によるものです。
もちろん、着色が進めば歯周病も進行していく恐れがありますが、案外この程度ですと、クリーニングで印象も状態も変えることが可能です。

before
before
before
before
before
before
before


こちらの患者様の場合、ステインオフと同時に白い詰め物による治療も希望されておられましたので、ご自身の歯本来の色と合わせることが出来てきれいな口腔内になりました。
どのような治療の場合でも、クリーニングを挟むことで今回のように歯本来の色を取り戻したり、炎症や症状悪化の予防、歯周病の進行の予防などのあらゆるメリットを得られることができます。

after
after
after
after
after
after
after

治療に関しては、白く美しい歯を希望されたので、オールセラミックインレーで治療を行いました。
ステインが原因であれば歯科でのクリーニングが最も有効な手段です。自身で落とすのはなかなか困難かと思いますので、まずはお気軽にご相談下さい。


20歳男性、クリーニングよるステインオフ

20歳男性 N.K様【着色治療】

歯の着色が気になるという事で来院された患者様です。お茶をよく飲む事が原因での着色でした。歯の着色のことを、歯科ではステインと呼びますが、ステインによる変色は食べ物や嗜好品の日常的な蓄積によって起こります。食べ物や嗜好品による着色は、すぐであればうがいや歯磨きで落とすことができますが、時間の経過とともに落ちにくくなり、セルフケアでは落としにくくなります。

before
before
before
before
before
before
before


着色がひどくなると、「見られるのが恥ずかしい」という理由でご来院をためらわれる方もおられるようです。また、意外に歯医者で簡単に落とせることをご存じない方もおられます。
しかし、この程度の着色であれば、おおよそ1回の施術でステインを取ることが可能ですのでご安心下さい。

after
after
after
after
after
after
after

after

当院でクリーニングを行い、着色が除去されたことで歯が本来の美しい姿を取り戻しました。もちろん歯の表面だけでなく裏側や隙間もきれいになり、歯周病の予防にもつながります。
食べ物や嗜好品の汚れは、その都度うがいや歯磨きをすれば蓄積しにくくはなりますが、それでも徐々に着色してしまうこともあります。
歯科における定期的な予防はこういった着色にも有効ですので、むし歯・歯周病の予防のみでなく、ステインを除去して歯をキレイに保つためにも是非予防にお越し頂ければと思います。



39歳男性、欠けた歯の治療に伴う軽度歯周病治療

39歳男性 R.I様【軽度歯周病治療】

 右上の歯が欠けたと言う事で来院された患者様です。治療を行うにあたって、歯石がついて歯茎が腫れていることによって出血があるとうまく治療が行えないので、全顎的に歯石を取り歯茎を引き締めてから治療を行うことをご説明しました。

before
before
before
before
before
before
before


歯石とはプラーク(歯垢)が固まって出来た文字通に歯についた石のようなものです。もちろん歯ブラシである程度予防はできますが、歯並びや体質・ブラッシングの回数やタイミング・時間や方法によっては、溜まりやすいタイプの方もおられます。一旦歯石がついてしまうと、ご自身で取り除くことは難しく、歯科医院での除去が必要となります。歯石を放置してしまうと、そこを住処に歯周病菌やむし歯が繁殖し、徐々に歯周病やむし歯が進行していきます。

after
after
after
after
after
after
after

歯石は歯の裏側やブラッシングの届きにくい場所に着きやすいため、ご自身では目視することが困難です。しかし施術によりこの歯石をキレイに除去することが可能です。

before

before

after

after

歯周病の程度はまだ軽度であったので、比較的少ない治療で改善することが出来ました。歯周病において大切なことは、定期的に歯石を除去することと、自分での毎日のケア、そして何よりそれを理解することにあります。
御影歯科ではカウンセリングを通し、歯周病の予防やその大切さについてのお話をすることで、患者様にメンテナンスの重要性をお伝えしています。
こちらの患者様も、今後治療した歯とその他の健康な歯を守るために、メンテナンスで継続的に歯石を取りに来院されています。
少しでも歯を長持ちさせたいけど、方法がわからない方、歯のメンテナンスに興味がある方、お気軽にご相談に起こし下さい。



39歳男性、軽度の歯周病による出血の改善

39歳男性 R.T様【軽度歯周病治療】

歯磨きの時に出血があるという事で来院されました。歯ぐきからの出血は90%以上が歯周病が原因と言われるように、軽度の歯周病に罹患しておられました。

before
before
before
before
before
before
before


全顎的なプラークコントロール不良と歯石の沈着によって歯茎が腫れている状態でしたので、まずは歯石を除去する施術を行いました。プラークコントロールとは、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らすことをいいます。

after
after
after
after
after
after
after

歯科衛生士による歯周病治療と、上手にプラークコントロールができるように歯磨き指導を行うことによって、症状の改善と原因への対策を行っていきました。
結果、施術後の歯茎は引き締まっており、歯磨き時の出血もなくなりました。

before

before

after

after

歯周病も他の病気と同じで早期に治療を開始すれば早期に改善することができます。逆に長い間放置してしまわれると手がつけられず抜歯になってしまうこともあります。
今回のように出血などにより軽度の段階で気づいて頂ければ、改善することも難しくはありません。また、その際歯科衛生士より歯磨きのクセや苦手な所などを改善することもできますので、今後の予後のためにも一度検査にお越しください。



37歳男性、口臭が気になってこられた方の軽度歯周病治療

37歳男性 T.O様【軽度歯周病治療】

口臭が気になるという事で自ら歯周病の予防を希望されて来院されました。特に痛みや虫歯の症状もないとのことで、過去に歯科医院に行った事がないとの事でした。歯科に通わず30代中盤でこの口腔内はよく保っておられる方ですが、実は軽度の歯周病を罹患しておられました。

before
before
before
before
before
before
before


口臭のほとんどは、口腔内の環境によるものが多いと言われています。その原因とされているのが、歯周病菌やむし歯菌です。特に歯周病は軽度であっても独特の匂い発するため、親しい方や身内から指摘され、気づかれる方も多くおられます。
しかし、逆に言ってしまえば口腔内の環境を整えてさえいれば口臭のリスクは大幅に防げるということです。

after
after
after
after
after
after
after

これだけの歯石がついても痛みや(口臭以外の)症状がないことから、歯周病がいかに気づかないうちに進行するのかがわかります。今回、口臭が主訴で来られましたが、そのおかげでこの段階での治療が可能となったと考えるとかえってよかったのかもしれません。

before

before

after

after

全体的に歯石をとって歯周病治療を行った事で、口臭も改善しました。
カウンセリングでその原因と治療法・予防法をお伝えした所、治療後には定期的にメンテナンスに継続して通って頂いています。
過去に虫歯になった事がなく、痛みもないので歯科にずっと通っていない人は、実は歯周病が進行している危険性やリスクがあるので要注意です。むし歯や歯周病になりにくい体質の方は確かにある一定数おられます。
しかしながら、それが絶対にならないということではありません。これまで歯科疾患にかかったことがない方こそ、一度歯科で検査をしてみませんか?御影歯科では歯の検診も行っております。



65歳男性、歯科が苦手な方の中等度歯周病治療

65歳男性 Y.I様【中等度歯周病治療】

歯医者が苦手で歯石取りは長い間していなかったという患者様です。噛むと奥歯に痛みを感じるということでご来院されました。歯の痛みはむし歯が原因とは限らず、こちらの患者様のように歯周病による歯の痛みを感じるケースも少なくはありません。

before
before
before
before
before
before
before


診断としては、中等度の歯周病です。中等度の歯周病とは、歯周ポケットが4~7mm程度に達するため、場合によっては歯がぐらつき始めることもあります。早急に進行を止めるために、SRP(歯ぐき縁下の歯石取り)を始めとした歯周病治療を行っていきました。

after
after
after
after
after
after
after

長期にわたって溜まっていた歯石を全顎的に取り除き、歯茎を引き締め、歯医者が苦手にも関わらず、親知らずの抜歯や虫歯治療も行うことが出来ました。

before

before

after

after

治療期間はかかりましたが、治療後は歯医者の苦手意識も軽減し、現在は継続的にメンテンスに通っていただき、安定した状態を保っておられます。
歯科が苦手な方は、むし歯や歯周病が進んでも、潜在的に歯医者に行きたがらない傾向があります。しかし、歯周病もむし歯も放置する期間が長ければ長いほど治療が困難となってしまいます。
御影歯科では、こちらの患者様のように歯医者が苦手な方でも通えるように、「痛くない」「怖くない治療」を心がけています。



44歳男性、喫煙歴の長い方の中等度歯周病治療

44歳男性 K.K様【中等度歯周病治療】

歯茎がうずいて痛いという主訴で来院された患者様です。喫煙の習慣が過去に20年間あった事や、長い間歯石をとっていなかった事もあり、かなり固く、多量の歯石がついていました。

before
before
before
before
before
before
before


喫煙は歯周病の進行と悪化を進める要因となります。こちらの患者様も歯のうずきは歯周病が大きな要素を占めていたと考えられます。
まずは歯石を除去し、歯周病菌の巣窟である歯石を取っていきました。

after
after
after
after
after
after
after

歯茎の中まで入り込んでいる歯石をとって、積極的な歯周病治療を行った事で、現在は痛みもなく歯茎も引き締まっています。

before

before

after

after

喫煙をされておられる方や、喫煙歴のある方は、歯周病のリスクが高まってしまいます。喫煙をやめることが最善の方法ですが、それが無理なら歯に関して意識を向けることが大切であると考えています。
喫煙による歯周病の影響こそ、しっかりとした治療や予防が必要です。また、歯科医院でのクリーニングでは喫煙による着色も除去可能です。お気軽にご相談下さい。



30歳男性、中等度歯周病による歯ぐきの腫れと炎症の改善

30歳男性 T.M様【中等度歯周病】

歯ぐきが腫れて痛いという事で来院された患者様です。多量の歯石とプラークがついており、歯茎の炎症も非常に強い状態でした。痛みなどの症状が出た場合は歯周病が進んでいる場合が多いです。この患者様の場合も中等度まで進行しており、歯周ポケットは4〜7mm程度まで達していました。

before
before
before
before


歯茎の腫れがひどかった事もあり、麻酔をして痛みのコントロールをしながら、歯ぐきの中の歯石(縁下歯石)も積極的にとりました。

after
after
after
after

複数のブロックに分けて歯石を取ったり、ブラッシングを改善してもらったりと、何度も足を運んで頂き治療を頑張っていただいた成果もあり、現在は歯ぐきも引き締まって、痛みもなくなりました。
歯周病は、治療も大切ですが予防が効果を発揮する病気です。御影歯科クリニックでは歯周病の患者様に対しては治療はもちろん、その後の予防まで末永いお付き合いをお願いしています。
歯ぐきの腫れや痛みで悩んでおられるようでしたら、まずはその状態を改善し、その後は痛みや腫れを繰り返さないようにすることが、私たち歯科医師・衛生士の使命だと考えています。


65歳男性、重度歯周病の残せる歯の延命治療

65歳男性 K.K様【重度歯周病治療】

前歯がグラグラして今にも抜けそうという事で来院されました。重度の歯周病で歯を支えている骨が著しく溶けてなくなっている状態でした。

before
before
before
before
before
before
before


歯周病の怖いところは、一度溶けた骨は元には戻らないところです。こうなった時に患者様と考えていくことは、「これ以上悪くさせないこと」と「失った歯の治療をどうするか」というところに焦点が絞られます。

after
after
after
after
after
after
after

麻酔を行った状態で可能な限り歯石を除去し、保存できる歯はなんとか延命できるように努めました。残念ながら前歯は完全に骨が溶けてしまっていたので抜歯をするしかありませんでしたが、他の歯はなんとか延命することが出来ました。

before

before

after

after

現在は、今回延命することができた歯を長く持たせるために、定期的なメンテナンスには欠かさず来院されています。
歯周病も重度まで進んでしまうと、抜歯せざるをえなくなる歯も出てきます。しかし、だからといって諦めるのではなく、残せる歯をどのようにして残していくか、我々ドクターや衛生士、そして患者様との意思疎通が大切であると考えています。
こちらの患者様も、前歯は残念でしたがその後ブラッシングやメンテナンスにも頑張ってお越し頂いておりますので、この先末永くお口の健康保つお手伝いをさせて頂きたいと思います。



35歳男性、ヘビースモーカーの方の抜歯を免れた重度歯周病

35歳男性 S.S様【重度歯周病治療】

下の前歯がグラグラしていて硬いものが食べられないとの事で来院された患者様です。ヘビースモーカーで年齢と比較してもかなり歯周病が進行していました。根気よく歯石除去を行って、なるべく歯を長持ちさせるように努めました。

before
before
before
before
before
before
before


重度歯周病の場合、抜歯になるかならないかが、大きな検討項目となります。もたない歯をそのまま残しておいて骨の吸収が進んでしまっては、欠損後の治療の選択肢が限られてしまうこともありますし、逆に何とか延命できる歯を抜歯してしまえば二度と歯ははえてはきません。

after
after
after
after
after
after
after

下の前歯は著しい骨吸収が起こっており、厳しい状態でしたが、咬み合わせの調整と積極的な歯周病治療によって、当初抜歯かと思われた歯の骨吸収が改善し歯の揺れもなくなった事から、現在はなんとか保存できている状態です。
今回は結果的に抜歯を免れたことがせめてもの救いです。

before

before

after

after

条件が整えばこのように回復する事もあります。ただしこれはかなり珍しいケースだと思います。重度になってしまう前に対応できればそれに勝るものはありません。皆さんも早期発見、早期治療を心がけてください。
今後も継続的なメンテナンスを行って、歯の寿命を延ばす努力を行っていく予定です。



39歳男性、歯ぐきからの出血が主訴で来られた軽度歯周病の改善

39歳男性 R.T様【軽度歯周病治療】

歯磨きの時に出血があるという事で来院されました。歯磨き時の出血の原因として、一番に考えられるのは歯周病です。こちらの患者様も歯周病に罹患されておられ、歯石もかなり付着していましたが、比較的軽度の歯周病と診断しました。

before
before
before
before
before
before
before


出血の原因は全顎的なプラークコントロール不良と歯石の沈着によって歯茎が腫れている状態でした。幸いなのは見た目ほど進行しておらず、歯周ポケットもこの段階では改善の期待が持てる程度の深さだったことです。

after
after
after
after
after
after
after

歯科衛生士による歯磨き指導と歯周病治療によって、施術後の歯茎は引き締まりました。歯磨き時の出血もなくなったということで、ひとまずの改善を得ることが出来ました。

before

before

after

after

御影歯科クリニックの歯科衛生士は、単に施術を提供し続けるだけでなく診療をしながらも研鑽を続けている衛生士です。歯ぐきの腫れや出血でお悩みの場合は、お気軽にご相談下さい。
歯周病は歯科医師・歯科衛生士・そして患者様ご本人の協力なくしてはきちんと治療・予防することが難しい病気です。
ご自身のお口の中を健康に保つためにも、かかりつけの歯科医院を決めて、しっかり予防に勤めることで、このような状態を治療し、予防することが可能です。



病院まちねっと 歯医者の選び方
神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニックにメールで相談
神戸市東灘区「御影駅」周辺マップ

医院案内

神戸市東灘区の歯医者 御影歯科クリニック

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)


フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ