HOME > 医院案内 医院案内

御影歯科クリニックのご紹介

1.御影歯科クリニック 医院の特徴

医院の特徴

御影歯科クリニックでは、患者様の悩みや要望を親身になって聞かせて頂きます。そのために、当院では、カウンセリングを重視した診療を心がけています。
歯医者における患者様の不満のほとんどは、「思っていたものと違った」「勝手にやられた」等のコミュニケーション不足から生まれるものが大半をしめます。これは歯科医院に限らず、あらゆる業界でも同じことが言えますが、要はきちんとした治療の説明がなかったり、患者様が納得しないまま治療が進んでしまった場合に起こりうるトラブルです。
ですから御影歯科クリニックでは、患者様にご納得いただいてから治療に入るよう、カウンセリングの機会を設けています。中には「説明はいいから早く治療を進めて欲しい」という患者様もおられると思いますが、「説明を聞いてよかった」と思えるだけの情報を提供して参りますので、気になることやご自身の考えも含め、カウンセリングでお話いただければと思います。

2.治療プランの選択

治療プランの選択

カウンセリングを行って話合う中で、患者様それぞれの要望や状況に合わせた治療プランを選択する事ができます。
歯科医院での治療は保険診療や自由診療、またその中でもセラミックや金属など、細分化された選択肢があります。まずは保険にするか自由診療にするか、そして自由診療であれば、どんな素材のもので、何年ぐらい耐久性があるものを選ぶか。その中で審美的欲求をどこまで追求するかなど、様々な選択が混在します。
ですからただ闇雲にどうして欲しいのか、患者様にお伺いするのは、極めて難しい話です。御影歯科クリニックでは、初診時にお伺いした内容や、カウンセリングでお伺いしたお話、あるいは予算を含めて患者様1人1人に応じた選択肢をいくつかご提案し、選んでいただきます。
その際、メリットだけでなくデメリットも含めてお伝えする事で「患者様が思っていた治療」に出来る限り近い内容の治療を施せるよう努めて参ります。

3.総合的な診断力の高さ

治療プランの選択

御影歯科クリニックでは、様々な学会・講習会での学習、多数の臨床経験を生かした、トータルバランスを考慮した高い総合診断力によって、より最適な治療が提案、および実現できます。
歯科医師は、専門性の問われる職業です。例えば外科が得意な歯科医師もいれば矯正に特化した歯科医師もいます。ただ、一般的な総合歯科に求められるのは、あらゆる治療の幅広い知識です。
よく、「広く浅く」と「狭く深く」が対比されますが、御影歯科クリニックが考える総合歯科では、「出来る限り広く、出来る限り深く」です。患者様の多くは、口腔外科専門や矯正歯科専門の医院に行く前に、まずは総合歯科に訪れる場合が多数をしめます。
しかし、口腔外科も矯正歯科もある程度までは総合歯科の技術と知識内で治療が可能な場合が多数あります。ですから、もちろん自医院では手に負えない難症例は紹介できる連携を滞りなくご用意しておりますが、専門的な治療でも自身で自信を持ってできる治療は、自医院で行えるだけの研鑽と知識の習得はしております。
患者様のお悩みに1人の歯科医師が責任を持って担当できるよう、今後も知識・技術の習得に努めていきたいと考えます。

4.最新の設備

最新の設備さ

歯科医院の治療で歯科医師の技量以外で大きな差が出る要因の一つに設備が挙げられます。
例えばインプラント治療などにおいては、CTの診断結果がなければ目を瞑って行うのと同じぐらい困難な処置になります。親知らずの抜歯においても、大きな神経が近くにあるため、CTナシでは簡単に抜歯できないケースも多々あります。
御影歯科クリニックでは、CTなどの精密検査機器を導入しておりますので、より正確な情報を得ることで、適切な診断や病気の原因を探ることができ、安心して治療を受ける事ができます。
また、今ある設備で全ての治療が行えるわけではありません。今後も新たな歯科治療機器、検査機器等の導入をたゆまず行っていきたいと考えております。


御影歯科クリニックの設備のご紹介

チェアユニット プレシア
チェアユニット プレシア

「患者さんの視点」を重視した歯科用ユニット。患者様とのコミュニケーションを第一に考えた快適性を追求したユニットを使用しています。

歯科用CT診断装置
歯科用CT診断装置

通常の歯科治療では欠かせない、デジタルパノラマレントゲンと、インプラントや精密治療に不可欠な歯科用CT診断装置が一つになったX線装置です。

歯科用LEDライト
歯科用LEDライト

お口の中の視野をムラなく照らし、診断や治療に適した均一で鮮明な照射を追求した歯科用LEDライトです。光が無駄に広がらず、口全体をムラなく照らして小さなむし歯から精密な治療まで視野を確保してくれます。


超音波洗浄器
超音波洗浄器

手の届かないところも超音波の力で洗浄します。御影歯科クリニックは、「洗って」「滅菌」を徹底しています。

高圧蒸気滅菌器オートクレープ
高圧蒸気滅菌器オートクレープ

高温高圧の飽和水蒸気による滅菌を行うオートクレーブです。お口の中に入るものは必ず滅菌することにより、患者様から患者様、歯科医師から患者様への感染を防ぎます。

高周波出力電気メス
高周波出力電気メス

切開、切除、凝固、止血などの各処置を効率的に行える45Wの高周波出力でインプラントや歯周外科、親知らずの抜歯の際にも患者様に負担の少ない低侵襲な治療を手助けしてくれます。


歯面清掃用ハンドピース
歯面清掃用ハンドピース

日常の歯磨きでは取り切れない歯石やステイン、バイオフィルムを除去する機械です。予防や薬物塗布の前処置の際に使用します。

ソニックテクノEOS 70D
ソニックテクノEOS 70D

口腔内撮影は、精密な治療において非常に重要な役割を担います。歯科専用の口腔内カメラにより、治療前の写真からしっかり治療計画を立て、デジタルデータで保存します。

エンドドンティックモーター
エンドドンティックモーター

進行したむし歯で神経を取る際、電気抵抗により根の長さを測定し、根管を拡大する機械です。根の治療にかかる時間と患者様のストレスを軽減させます。


院長紹介【御影歯科クリニック 院長 秋山博道】

院長 秋山博道

医院理念・院長からのメッセージ

私は、歯科医院の仕事というのは、ただ歯を治すのではなく、一人一人の生活や人生に役立つ事ができる仕事であり、そのためのお手伝いが私達の使命だと思っています。
私が歯科医師として大切にしている事は3つあります。

  • ①常に患者様に対して誠実である事。
  • ②最適な治療技術・知識を身につけてそれを提案する事。
  • ③その治療を患者様自信が納得して選択したものである事です。

当院は、【親身になって最適な治療を提案し、選択して頂く歯科医院】を医院理念とし、患者様が自分のお口を安心して任せられる、当院に出会って本当に良かったと思って頂ける。そんな歯科医院を創っていきたいと思っています!

御影歯科クリニック 院長 秋山博道

 

歯科医師 秋山 博道のこだわり

歯科医師 秋山 博道のこだわり

 

勤務医時代より、私が治療において特にこだわってきたのが審美的で機能的な回復です。歯の治療は、単純に削って詰めて終わりではなく、また、噛める様になればそれで良いわけでもありません。自分の歯のように使えて、且つ見た目も自然で美しい、そんな審美的な治療を得意としています。

 

 

 

秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴
秋山博道の経歴

【経歴】

  • ■2007年 国立徳島大学歯学部 卒業
  • ■2007年 国立徳島大学歯学部付属病院 勤務
  • ■2008年 医療法人社団アップル歯科クリニック
  •                   《明石インプラント・矯正センター》勤務
  • ■2011年 同法人 副院長 就任
  • ■2014年 御影歯科クリニック 開業

【認定医】

  • ■日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医
  • ■ICOI国際口腔インプラント学会認定医(fellow ship)

【海外セミナー】

  • ■Dr.Khayat インプラント研修会(フランス・パリ)修了
  • ■The 15th ICOI国際口腔インプラント学会
  • Asia Pacific Section Congress(ベトナム・ホーチミン)
  • ■The 16th ICOI国際口腔インプラント学会
  • Asia Pacific Section Congress (台湾・台北)

【所属学会】

  • ■日本顎咬合学会
  • ■日本口腔インプラント学会
  • ■ICOI国際口腔インプラント学会
  • ■ITI(International Team for Implantology)
  • ■日本臨床歯周病学会

【所属スタディーグループ】

  • ■大阪SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)
  • ■京都SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)
  • ■K-project
  • ■K’s Club
  • ■LSGP神戸
  • ■i6
  • ■S.O.R.G

【審美】

  • ■東京SJCD 原宿マスターコース 修了
  • ■ダイレクトボンディング ハンズ オン セミナー 修了

【インプラント】

  • ■POIインプラント マスターコース 修了
  • ■NOBEL SPEEDY Groovyインプラント ハンズオンコース 修了
  • ■STRAUMANNインプラント 導入外科コース 修了
  • ■STRAUMANNインプラント Step upコース〈第6期〉 修了
  • ■ICOI Fellow ship 養成 インプラント外科ベーシックコース 修了

【矯正】

  • ■明石矯正研修会ベーシックコース(Ⅰ級) 修了
  • ■明石矯正研修会アドバンスコース(Ⅱ級) 修了
  • ■明石矯正研修会アドバンスコース(Ⅲ級) 修了
  • ■舌側矯正 INCOGNITO/iBraces臨床セミナー 修了

【総合治療】

  • ■臨床基本ゼミ 修了
  • ■大阪SJCDレギュラーコース 修了
  • ■AADC(Anti Aging Dentistry Course) 修了
  • ■東京SJCD 原宿マスターコース 修了

【義歯(入れ歯)】

  • ■BPSデンチャー(超精密義歯)クリニカル認定コース 修了

【精密治療】

  • ■マイクロスコープ ユーザーミーティング 修了

【出版】

  • ■2015年6,7,8,9月 デンタルダイヤモンド連載
  • 『診断用画像を読み解く力をつけよう』
  • IMG_0686

【講演・発表】

● ■2017年 S.O.R.G Summer meeting 2017 症例発表

演題『上顎第二小臼歯抜歯矯正でのⅡ級仕上げケース』

● ■2016年 LSGP&FCDC合同勉強会 症例発表

演題『歯列不正を伴う咬合崩壊患者に対しての咬合再構成症例』

● ■2016年 Mac Study Club for Dentistry 発表

演題『Slide making method every case presentation』

● ■2015年 SJCD大阪 Step up meeting  症例発表

演題『咬合平面修正と口唇・顔貌との調和を考慮したフルマウス審美症例

● ■2014年 K−Project 症例発表

演題『咬合平面修正と口唇・顔貌との調和を考慮したフルマウス審美症例
● ■2014年 ICOI[国際口腔インプラント学会]

第1回近畿支部学術大会 会員発表

演題 『Sinus LiftおよびGBRを用いた全顎的治療症例』

● ■2013年 第31回顎咬合学会学術大会総会 新・顎咬合学 一般講演

演題 『Esthetic treatment produced by communication』

● ■2012年 第15回SJCDテクニシャンコースOB会 総会

演題『コミュニケーションから生み出される前歯部審美修復』20代代表

● ■2010年 地域一番実践会アドバンスコース 優秀実践事例賞

● ■2010年 兵庫県保険医協会

演題『歯科診療におけるiPadの可能性』

 

【メディア】

  • ■2017年 ラジオ出演 Kiss FM KOBE  89.9

4SEASONS  (Kiss デンタル・ヘルス・レポート)『歯列矯正に関してのQ&A』

  • IMG_0589

御影歯科クリニックのスタッフ紹介

御影歯科クリニックで働くスタッフのご紹介。

スタッフ構成

歯科医師 2名

歯科衛生士 4名

受付・歯科助手 1名

 

【歯科衛生士受講セミナー履歴】

  • 大阪SJCD 衛生士コース
  • 5−D JAPAN DHコース
  • NDL mint-seminar SRPテクニカルベーシックコース
  • NDL mint-seminar SRPテクニカルミドルコース
  • NDL mint-seminar SRPテクニカルアドバンスコース
  • elva シンプル歯周病セミナー  etc…

東灘区と御影歯科【私が東灘区を選んだ理由】

勤務医時代の秋山

私(御影歯科院長 秋山博道)は、徳島生まれの徳島育ちです。もちろん大学も国立徳島大学。ここ、神戸市東灘区とは何の縁も所縁もありません。よく患者さんから「なんで先生はこの東灘区に開業されたんですか?」という質問を頂きます。
話せば長くなるのですが、実は私が開業を決めたとき、開業する場所を「どこにしたい」という希望は全く持っていませんでした。地元に帰りたいとか、好きな街だとか、住みたい場所とかでもありません。むしろ私は住まいはどこに構えても、「住めば都」だと思ってしまう質なのです。
そんな私が、一つだけ開業の時に大切に考えたのが、「今までやってきた質の高い治療をこれからも続けたい」ということでした。
勤務医時代に私が努めていた医院は、特別都会でもなければ駅から近いわけでもない、閑静な住宅街にある大型の歯科医院でした。しかしその医院には、その町の周辺の患者さんだけでなく、遠方から、時には他府県からも来院する人があるくらい、患者さんが質の高い治療を求めて来られる歯科医院でした。
一般の保険治療だけを行うのではなく、患者さんの求めに応じて、難しいとされるインプラントや歯列矯正、審美治療などの高度な医療技術を提供していました。もちろん私も、副院長としてそういった患者さんの治療を率先して行ってきました。
治療の難易度が高ければ高いほど、治療が終わった後に患者さんから頂ける「ありがとう」の気持ちが強く感じられることに、喜びを感じることもありました。
しかし、いざ開業を考えたとき、一つだけ心配だったのは、「患者さん側の要求が変わること」でした。勤務医時代の歯科医院では、「この治療がしたい」という強い要望を持った患者様が来られていました。しかし、いざ私一人で開業するとなると、ぼっと出来た新しい歯科医院に、難しい治療や希望する治療をお願いしようと思う人はまず居ません。ですから開業前はどこでやるにしても「最初は簡単な治療から、コツコツやっていこう」という覚悟は必要と考えてはいたものの、やはりどこかでせっかく学んだ技術や知識を活かした前の歯科医院のような治療はしばらくは出来ないかもしれないということに、若干の心苦しさを感じていたのです。

そして、いざ開業地を探すとき、私がこだわったのは以下の3つでした。

1.駅に近いこと

セミナー参加

これは、通勤がどうのとか、利便性が良いとかという問題ではなく、セミナーや学会に行きやすいということです。私は歯科医師である以上、引退するまで勉強するのが私の責務であると考えています。勤務が終わった後やセミナーから帰ってきてそのまま勤務できるようにするには、どうしても駅前であることが私にとって重要だったのです。

2.ビジネス街でないこと

ビジネス街で開業すると、ある程度患者さんは来てくれると聞いたことがあります。しかし、その反面「今日中に治して欲しい」「取れた歯を付けるだけでいい」「痛みが取れればそれでいい」という患者さんが多くなるというのも聞いていました。もちろんそれが嫌だというわけではありませんが、私としてはせめてしっかり「相談できる」時間だけは取りたい。「相談してくれる」患者さんが来てくれる場所が良いと考えたからです。

3.人の温もりが感じられるところ

これはあくまで主観でしか感じられませんが、フィーリングの問題です。「この街の雰囲気が好き」「この街の皆さんのお役に立ちたい」そんな自分なりの町への愛着がなければ、きっとモチベーションは上がらないと考えたからです。そこで自分が好きになれる町の条件として考えたのが「温もりが感じられる」という何ともわかりにくい条件となってしまったのです。具体的にいうと「商店街がある」とか、「下町情緒がある」とか、そんな安易な内容でした。

東灘区と御影駅

たくさんの業者さんに、たくさんの開業予定地を紹介頂き、最終的にはどこでやっても同じかな?と考えていた頃でした。
ある時、「神戸市の東灘区になるんですが、阪神御影駅前の古いビルに空きが出てますけど見に行きますか?」という連絡を頂き、何気なく特に期待も持たず、ふら〜っと立ち寄ったこの町に「ここかも!」という直感を感じました。昔ながらの御影市場や下町情緒溢れる町並み、駅を挟んで山側には御影クラッセというデパートもあり、下町情緒の中にも品を感じられる町でした。それと田舎暮らしの長かった私にとって東灘区は、三宮や大阪のように都会過ぎないというのも嬉しい要因の一つです。私はそれから幾度となくこの東灘区に足を運び、真剣にここでの開業をイメージしていきました。

元々親が歯医者であったわけではありませんし、どこで開業しても私には地の利はありません。私にとっては開業する町の人と、どれだけ親密なお話ができるようになるかが、私が信頼を得られるたったひとつの手段でした。そこで私は「近く歯医者を開業をしようと思うんですが、ここはどんな所ですか?」など、町の人達にコミュニケーションを取っていきました。すると驚いたのが、自分たちの住んでいる町の説明はそこそこに、「どんな歯医者をされるんですか?」とか「どこで開業されるんですか?」「ちょうど歯医者を探しているんです」など、私が歯科医院を開業することに対する質問が返ってきたのです。
私はその瞬間、この町の皆さんならば、きっと私を頼りにしてくれる、歯医者に関心を持ってくれるのではないかと感じました。この町のデンタルIQを高くして、東灘区で歯で悩む人を減らしたいと、純粋に思い始めた瞬間でした。デンタルIQを高めることが出来れば、患者さんの求めに応じて高いレベルの治療を提供する、前の医院での技術や知識を活かせることができるのではないかと、私はそこから開業のことを考えるとワクワクが止まらなくなったのを今でも憶えています。
そこから私は急ピッチで開業の話を進めていきました。開業用に貯めていた資金を大幅に超えましたが、どんな悩みにも対応するには必要だと思い、CTも入れました。そして私は、近い将来東灘区の皆さんが気軽に相談できて、質の高い治療を提供すると、心に決めました。


東灘区のデンタルIQを上げるために

東灘区とデンタルIQ

デンタルIQとは、自分自身の歯やお口の中の病気や、むし歯や歯周病を予防するための知識をどれくらい持っているか、また、健康でキレイな歯を長く維持していくためにどんなセルフケアを行っているかを、理解度や意識度で表わすことを言います。例えば、歯が抜けないためにどんなことをすればよいか、歯医者にはどんな頻度で通えば良いか、更にはどんな頻度で通っているかなど、その人が歯を守るために行っている事が歯科医師の思うそれと近ければ近いほど、デンタルIQは高いと言います。私が現在歯科医師として目標にしているのが「東灘区にお住まいのみなさんのデンタルIQ」を高めるということです。なぜ枕詞を「日本人の」とか、「たくさんの」にしないかというと、私は医療も歯科医療も、これからは「ホームドクター(かかりつけ医)」を持つことが大切であると考えています。勤務医時代の歯科医院のように他府県からも治療に来てもらうことも大切ですが、それよりもまず身近な人に頼られる存在になることが、私の目指す歯科医師像です。

デンタルIQを高めるために

デンタルIQを高めるために、私は以下の取組を診療に取り入れています。

 

カウンセリングを大切にしています。

東灘区とデンタルIQ

私が以前から大切にしていることの一つにカウンセリングがあります。これは患者さんのお話を聞き、ご要望や希望を含めてどんな治療があるか、複数の治療法をしっかり説明し、ご本人に決めていただくためです。ご本人が決めるためにはそれだけの判断材料が必要です。メリットやデメリットを含め、しっかり説明することで患者さんが自分がこれから治療し、守っていく歯の大切さを、治療の中で感じていただくためでもあります。

予防のお話をします

御影歯科が最終的に目指すのは、予防中心に行う歯科医院です。歯の治療は、削ったり抜いたりしてしまうと、残念ながら二度と元の姿には戻りません。そして悪くなれば悪くなるほど症状も治療時も痛みを伴っていきます。結果、歯科医院は「痛いところ」になってしまいます。もちろん、治療においては痛くないような施術や取り組みを精一杯取り組んでいます。しかし、一番痛くない治療は、実は「予防」なのです。年に3〜4回、美容院やエステのようにケアの為に痛くない予防で歯科医院にお越し頂くことで、歯の健康を保ち、リスクを下げる一番の方法であることは間違いありません。また、セルフケアにおいても、磨き残しの多い部分、自身が磨けてない部分を理解し、正しいブラッシングを行って頂くための歯磨き指導なども行っています。セルフケアとプロケアの両面から、東灘区のみなさんのお口の健康のお役に立てればと考えます。

コミュニケーションを大切にしています

歯科における治療の失敗は、コミュニケーション不足から起こることがほとんどです。「そんな話聞いていなかった」「こうなるとは思っていなかった」「元に戻してほしい」・・・これらはほとんどしっかり信頼関係を築き、お互いの話を興味を持って聞いていれば起こらないことが多くあります。そのためには普段から歯科医師もスタッフも含めて患者さんとしっかりコミュニケーションを取ることが大切であると考えています。また、カウンセリングや治療時に趣味のお話や普段の過ごし方などもお聞きすることがあります。これはお話をして距離を縮めることも目的の一つですが、話の中からなぜ歯が悪くなったのか、またどんなことに気を付けるべきなのかもお話できればと考えています。

神戸市東灘区のデンタルIQは御影歯科クリニックが高くします。そのために皆さんにご協力いて頂けるのであれば「歯のお悩みについて何でもお気軽にご相談頂くこと」が何よりも光栄です。


病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ スタッフ募集 フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ