HOME > 一般診療 > 痛くない治療

痛くない麻酔の打ち方

歯科治療の痛みを取る最も効率的な方法は麻酔になります。しかしその麻酔が痛いのが苦手と言う方も少なくありません。
そこで重要になってくるのが、痛くない麻酔の打ち方になります。御影歯科クリニックでは、まずその麻酔の痛みを取るために2段階の麻酔法と
痛みを感じにくいテクニックを使って、「痛くない麻酔」を実施しています。麻酔が苦手で歯科に通えない方も、是非一度御影歯科クリニックの痛くない治療をお試し下さい。




現在は、痛みを感じる処置に関してはほとんどの病院が局所麻酔を使った治療を行なっています。
ですから、歯科治療を始めて第一に味わう痛みのほとんどが、麻酔針を刺す時のチクッとした痛みに成ります。
御影歯科クリニックではこの麻酔注射の時点から痛みを感じないように、針を刺す部位に対し表面麻酔を施す事で抑えることを行っています。




御影歯科クリニックの局所麻酔の注射針は33ゲージという非常に細い針を利用しています。針が細ければ細いほど
痛みが少なくなるのはもちろんですが、御影歯科クリニックでは、麻酔薬をじっくり同じスピードで注射していきます。
そうすることで、麻酔が体内に入ってくるときの独特な痛みを抑えることも可能になります。




機械や薬剤はもちろん大切ですが、何より重要なのが施術者(歯科医師)の技術によるものが大きいのが局所麻酔です。
痛くない麻酔の具体的な方法としては、打つ場所、薬剤を注入するタイミングの他、針を動かさず歯茎を振動させて針を入れることにより、
刺入の痛みを減らします。薬液を注入する速度も、ゆっくり、一定に保つことで刺激を減らします。御影歯科クリニックではこの「痛くない麻酔」の技術を取り入れてます。


痛くない治療について

歯の治療のあの独特な痛み…、好きな方などいらっしゃらないと思います。

痛みを伴う治療は、患者様にとっても辛く、我慢しがたいことですが、歯科医師にとっても苦痛に顔をを歪める患者様に治療をするのは辛いですし、
痛みのせいで治療を途中で中断されたり、諦めてしまわれるのは不本意な出来事です。また、それによりどんどんお口の中の状況が悪化してしまい、
最終的に歯が抜ける手前まで我慢されたりというのは最も歯医者として悲しい事といえます。

ですから、御影歯科クリニックでは、治療の際、出来る限り痛くない治療を心がけています。
厳密にいうと、痛みを感じないための工夫をいくつも取り入れています。

歯医者は痛くて怖いところという概念を一旦持たれた患者様は、なかなか歯医者に通ってくれなくなってしまわれます。
ですから私たち御影歯科クリニックは

  • 1.怖いと思う要素を取り除く事
  • 2.痛みを出来る限り感じさせないこと
  • 3.予防やクリーニングでスッキリした気持ちになれること

この3つを大切にしています。
歯医者の「痛さ」や「怖さ」が原因で通えなくなった方、是非一度御影歯科クリニックにお話をするつもりでお越し下さい。


病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ スタッフ募集 フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ