HOME > 自由診療 > 審美歯科

審美歯科について

審美歯科

審美歯科(審美治療)とは

審美治療は、院長の秋山が最も得意とするするところです。
ただし、御影歯科クリニックでは、審美歯科を単なる美しさに焦点を当てた治療とは考えていません。

歯には機能的な側面と、審美的な側面がありますが、一般的に歯の治療というと機能的な回復のことを指す事が多いように思います。保険治療はその最たる例ともいえるのですが、保険を使って奥歯を治療した場合、銀色の歯が入りますね。これは、奥歯は日常生活上見えにくい場所ですから、保険では審美的な回復は健康に害が及ばないと考えられるからです。

一方で前歯になると、保険を使っても前装冠といって、表面は白い樹脂に覆われているものになります。これは、審美面が健康や日常生活に影響を及ぼすからであり、前歯が白くすることが機能的な回復の一部だと考えられているものだと思われます。
しかし、保険治療は材料や費用が決まっていますので、どうしても仕上がりの精密さに限りがでてしまします。それを補うことができる方法の一つが、審美治療となります。例えばセラミックの白い歯。保険でも自由診療でも白い歯なら同じと思われる方もいらっしゃる方もおられますが、これは統計的に歯の寿命や見た目の違いに大きく差がでてきます。

歯を白く美しくすることでコンプレックスを長所に変えることができ、キレイな歯並びは笑顔に自信を持てるようになり、奥歯の白い歯は清潔感を際立たす事ができます。
また、近年表面化してきた金属アレルギーの問題も、銀歯をメタルフリーでやりかえることにより、口元の見た目だけでなく、アレルギーによってできていた肌荒れやブツブツが治り、全身におけるアレルギー疾患が治まり、見た目が改善したという例もあります。
このように、審美歯科では「見た目を改善」することで、「QOL(クオリティオブライフ)の高い治療」を目指すことが可能になるのです。

before

DSC_8816

after

DSC_6386


ラミネートベニアの治療例

before

コピーだよ

after

DSC_7209


前歯の審美的な回復方法の一つ、「ラミネートベニア」の治療例です。例えば形が整っていない前歯でも、ラミネートベニアであれば最小限歯の表面を削るだけで、キレイな前歯に仕上げることが可能です。
歯を削る量が少ないため、残った歯へのダメージも少なく、審美性の高い治療が可能です。
前歯にコンプレックスをもたれておられる方で、適応内であればラミネートベニアの治療をご提案させていただきます。


御影歯科の審美治療

審美歯科

審美歯科(審美治療)とは

御影歯科クリニックの審美治療の特徴は、見た目のみならず、咬み合わせも含めた治療計画を立案する点があります。
例えば見た目が良くても、しっかり咬めなければ機能的には回復どころか後退してしまい、後々その歯を失う可能性があります。
また、いくら良い歯を入れても、対合の歯と強く交叉していれば、後々その歯はやりか絵が必要となってしまいます。
ですから御影歯科クリニックでは、審美治療を考える際、咬み合わせを考えた上で見た目を含めた治療を行うよう、努めています。

また、そのために御影歯科クリニックでは、審美・咬み合わせに関するセミナーや資格の取得等、日々研鑽し技術を整えています。

before

DSC_7309
DSC_0168


病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ スタッフ募集 フェイスブックページ インスタグラム line@

このページのトップへ