御影歯科クリニックHOME | 精密根管治療 | マイクロスコープ(顕微鏡)治療

マイクロスコープ(顕微鏡)治療

歯の神経を残したい、歯を保存したい方

御影歯科クリニックでは、むし歯や外傷などでやむを得ず神経を抜く「抜髄」という処置を回避する確率をあげるため、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った精密根管治療を行っています。
通常、むし歯や外傷が歯の神経の近くまで及ぶと、「抜髄」という神経を抜く処置が必要となります。しかし、マイクロスコープを使うことにより、歯髄温存療法(VPT)という歯髄を残す処置が可能となります。
歯の神経を失った歯は「失活歯」と言い、文字通り生活反応を失った歯となり、歯に栄養分が行き渡らなくなってしまいます。そうなると歯は脆くなったり抵抗力を失い、歯自体の寿命が縮まってしまいます。
そのため、私たちは歯の治療にあたる際、この神経を残す治療を心がけますが、これまでは少しでも神経に達したり、治療することにより神経に影響が出る場合は、歯髄を除去する必要がありました。
VPTはすべてのむし歯や外傷に有効な治療ではありませんが、抜髄が必要となるボーダラインが低くなり、これまでなら抜髄が必要だった症例でも、神経を温存することが可能となります。また、万が一神経の温存が不可能な場合でも、マイクロスコープを用いた精密根管治療を行うことで、むし歯や歯髄炎の再発リスクを下げることが可能となります。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、主に歯の根や歯と歯茎のすき間などを詳細に見るための歯科用顕微鏡です。歯の内部には、根管という歯の神経が通っている管があります。歯の根管は人により形も違えば数も違うこともあり、針の穴ほどの小ささの中に歯髄という神経が通っています。歯の根管治療は、この歯髄に対するアプローチや、歯髄を取り除きキレイにする処置を行う必要がります。通常、歯科医師はこの処置を肉眼や、拡大鏡で行うことも多いのですが、視野の暗さや小さから、熟練した歯科医師でも肉眼で完全な処置を行うのは非常に難易度の高い治療となります。

しかし、このマイクロスコープを使うことにより、視野を12〜20倍に拡大することで、肉眼では見落としてしまうような歯髄や、根管の内部までクリーンに確認することが可能となります。これにより根管治療の精度は格段に上がり、再発リスクが低く成功率の高い根管治療が可能となります。

歯髄温存療法(VPT)

これまでなら「抜髄」が必要であった症例に対し、歯髄を温存する治療を歯髄温存療法(VPT)と言います。歯髄を温存する方法として間接覆髄法、暫間的間接覆髄法、直接覆髄法、部分的断髄法、覆髄法などがあります。VPTとはこれらを症例により使い分け、歯の神経を残すための治療の総称となります。

歯を神経を残せるかどうかは、出血の程度、痛みの有無などを見て判断しますが、「なんとか神経を残したい」という方にとっては、最後の砦となる治療と言えます。具体的な方法としては、MTAという封鎖性と殺菌性に優れた特殊な歯科用セメントを使い、神経を保護することで生活反応を保ったまま温存させます。VPTは、マイクロスコープを用いること診断・治療が可能となります。

精密根管治療

どうしても歯の神経を温存できなかった場合でも、精密根管治療を行うことで再発リスクを抑えることが可能です

通常の保険で行われる根管治療は肉眼で行われることが多く、コストや時間の問題からラバーダム防湿を行わずに抜髄処置や根管洗浄を行われることが多くあります。根幹の内部は非常に複雑で、肉眼では見えないところがたくさんあります。また、ラバーダム防湿を行わないことで唾液が治療中に根管内に入ることもあり、治療している側から根管内に細菌が混入してまうということもあり得ます。そのため、歯の神経を抜いたのに歯が痛くなったり、歯の根に膿がたまるなどの「再発」が起こる原因となってしまうのです。

根管治療の成功率を高めるには、このラバーダム防湿で治療中の根管を保護し、今回内部を細部までキレイに処置することが重要となります。また、NiTiファイルという弾性のあるファイルを使用することで、湾曲した根管内でも隅々まで処置が可能となります。

精密根管治療では、マイクロスコープ・ラバーダム・NiTiファイルなどの道具と時間を使い、根管内を清潔且つ完全にキレイにすることで、再発リスクを大幅に下げる自由診療の歯の根の治療です。やむを得ず歯の神経を取ることになってしまっても、出来る限り自分の歯を残したいという方におすすめの治療です。



病院まちねっと 歯医者の選び方
メールで相談
御影駅周辺マップ

医院案内

内装

御影歯科クリニック

診療時間

神戸市東灘区御影本町2-16-3
宝盛ビルディング2F

TEL078-842-1181(いい歯1番)
1181ブログ

image
このページのトップへ